iTECS-8

iTECS8

仕様

機能コンクリート表面の弾性波速度測定
表面に開口したひび割れ深さの測定
コンクリート板の厚さの測定あるいは内部欠陥の検知ポイントモード
掃引測定モード
装置の構成本体部アンプ、AD変換、USB1
センサ1~20kHz1
インパクタ加速度センサ付き、重錘セット1
収納ケースアルミニウム合金製1
アンプ部1ch約2mA20V定電流駆動源付きアンプ、PCB、Fuji製加速度計専用。最大入力±5V
2ch
AD変換プレトリガー弾性波速度測定0.5マイクロ秒
ひび割れ測定1.0マイクロ秒
厚さ測定10マイクロ秒
データ数4096個固定
精度12Bit
測定範囲弾性波速度センサー間隔による。2000m/sから6000m/s
ひび割れ深さ最小20mm、最大200mm以上
厚さ測定最小100mm、最大1500mm以上
電源単Ⅲ型乾電池、充電式2次電池(1.2V以上×4個)
測定データ数PC側ハードディスクの空き容量に依存 20,000データ/1GBite
寸法本体260mm×186mm×35mm(突起を含まず)
質量約0.8kg

調査目的

弾性波速度の測定、厚さ測定、内部欠陥の探査、剥離の検知、ひび割れ測定等


基本原理

コンクリート表面をインパクタで軽く打撃し、弾性波を発生させます。波動は、測定面と平行な対向反射面があると、その間で多重反射し、その過程で波長が構造物の厚さの2倍に相当する定在波が発生します。iTECS技術では、周波数分析によってこの定在波の周波数を分析し、波長の半分の長さをコンクリート構造物の「厚さ」として検出します。iTECS技術では、多重反射による定在波がより顕著になるように、コンクリート表面での振動速度を測定しています。 iTECS技術では、周波数分析を、距離等間隔としたMEM解析法によって行います。また、周波数の時間的変化をスペクトログラムとして分析し、コンクリート構造物の厚さ、内部状況の診断に必要な情報を提供します。スペクトログラムでは、構造物の応答波形が「厚さ」によるものか、内部欠陥によるものか、剥離などによるものかをスペクトルパターンによって判断できるようになります。

販売
代理店

上へ