CTS-02V4

CTS-02V4とは?

非破壊でコンクリートの圧縮強度を測定するコンクリート構造物の健全性検査装置です。ハンマーでコンクリートを打撃し、その時の打撃力波形から機械インピーダンスを測定、コンクリートの圧縮強度を推定します。


CTS-02V4の特徴

  • ○測定面の研磨を必要とせず、叩くだけで測定が可能
  • ○普通コンクリート(10~30N/mm2)の他、高強度コンクリート(30~150N/mm2)の強度測定が可能
  • ○本体とPCをUSBケーブルで接続しデータ転送可能
  • ○単三電池4本で使用(連続測定時間12時間)
  • ○測定データは本体に約50万データの保存が可能
  • ○データの保存形式はCSVとなる為、表計算ソフトによるデータ処理が簡単

>>詳細はこちら
kantan

誰でも簡単に使える

従来の測定器では測定データの補正が必要でしたが、CTS-02V4は自動でデータを補正し、表示された数値がそのまま使用できます。


>>詳細はこちら
hake-

高精度な測定器

圧縮試験の測定値を100%とすると、CTS-02V4での圧縮強度推定値は80%以上の精度となっています。


>>詳細はこちら
excel

表計算ソフトで編集可能

測定データは内臓のSDカードに保存され、同梱の専用アプリケーションを使用することでCSVファイル(EXCELファイル)に変換できます。


>>詳細はこちら

土木部


●NETIS
国土交通省新技術情報提供システム


登録:2006年9月6日
登録番号:HK-060013-V
事後評価済み技術
(活用効果評価有)

技術の位置付け
(有用な技術:設計比較対象技術)


詳細はこちら >>

●ARIC
農業農村整備民間技術情報データベース


登録:2006年11月21日
登録番号
:261


詳細はこちら >>

●北海道新技術情報提供システム


登録:2006年9月20日
登録番号
:20060015


詳細はこちら >>

販売
代理店

上へ