NDIS

日本非破壊検査協会規格【NDIS3434 コンクリートの非破壊検査試験‐打撃試験方法‐】が平成29年5月19日に制定されました。

非破壊検査協会

NDISとは?

NDISは,検査技術の標準化を図るとともに,その普及を推進するため,(一社)日本非破壊検査協会が制定している規格です。


CTSとNDIS

CTSは,コンクリートの機械インピーダンスを測定する測定器で,【NDIS3434-3コンクリートの非破壊試験―打撃試験方法― 第3部機械インピーダンス試験方法】に準ずる測定器です。

02V4

NDISの内容

NDIS3434は,第1部が一般通則,第2部が接触時間試験方法,第3部が機械インピーダンス試験方法の3部構成となっています。それぞれの概要は下記の通りです。

●NDIS3434-1 第1部 一般通則

接触時間試験方法および機械インピーダンス試験方法とは何なのか?どのような検査に適用できるのかなどが記載されています。また,解説に信頼性の高い測定を行うための打撃回数についての記載があります。

●NDIS3434-2 第2部 接触時間試験方法

接触時間を測定するために使用するハンマや,データの記録方法,接触時間の算出方法などが具体的に記載されています。また,附属書では実際のコンクリート構造物において接触時間を測定・評価する一例が参考として記載されています。

●NDIS3434-3 第3部 機械インピーダンス試験方法

機械インピーダンスを測定するために使用するハンマや,データの記録方法,機械インピーダンスの算出方法などが具体的に記載されています。また,附属書では実際のコンクリートの機械インピーダンスを測定し,圧縮強度を推定する一例が参考として記載されています。


※NDISは日本非破壊検査協会の著作物です。規格の購入などは日本非破壊検査協会へお問い合わせください。
 日本非破壊検査協会:http://www.jsndi.jp/
 NDISの注文書:http://www.jsndi.jp/books/index1.html